本文へスキップ

沿革History

八甲田山雪中行軍資料館沿革

 
昭和44年(1969)  青森市制70周年を期に旧連隊長官舎を藤聖母園から寄贈され、
幸畑墓苑内に「市民憩いの家」として移設される。
昭和53年(1978) 雪中行軍遭難75周年を記念して「資料館」に改装し6月23日に開館。
昭和44年(1969)から市内の有志の方々により、
「八甲田山雪中行軍遭難史蹟保存会」を発足し、
慰霊祭の挙行や史蹟の維持保存、関連資料の収集など
資料館の運営に携わってきました。
平成14年(2002)  明治時代からの建造物で老朽化も進み、管理者も高齢化している
ことから、今後の永続的な管理と史実を継承していくことを目的として
新しい「資料館」を建設するために11月に閉館する。
平成16年(2004) 7月にリニューアルオープンする。
「雪中行軍遭難史実」を伝える展示を行うとともに、
八甲田の自然を紹介する観光案内を持った施設となる。


八甲田山雪中行軍遭難資料館

〒030-0943
青森県青森市幸畑阿部野163-4
TEL  017-728-7063
FAX  017-728-7063